高山法律事務所(弁護士高山俊吉)のサイトです
高山俊吉WEBSITE
 トップページ > プレスクリップ
高山俊吉
プロフィール
高山俊吉の考え
高山法律事務所紹介
プレスクリップ
2010年以前のプレスクリップ
交通事故は発生直後に万全の対応を
事故の補償請求は弁護士に頼もう
行政処分には適切・有効に対処しよう
法律相談・お問い合わせ
関連リンク集
インターネットラジオ
個人情報の取り扱いについて



プレスクリップをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です (無償)。

・週刊東洋経済 2010年12月25日号 重い責任に辞退者続出
裁判員裁判は定着するのか
読む


・週刊女性 2010年12月7日号
「(遺体写真)は」見るに堪えないものでした…
裁判員「初」の死刑判決
読む


・讀賣新聞 茨城県東・水戸版 2010年11月6日号
「身代わり」は犯人隠蔽容疑
公判で自白の男逮捕
読む


・毎日新聞 2010年10月15日号
引きずり死 殺意認定
高山弁護士「認定に疑問」
読む


・朝日新聞 2010年9月23日号
バス接触の女性 検審に申し立て
「周囲の安全を確認するのは当然の義務」
読む


・産経新聞 2010年9月3日号
アルコール代謝に個人差 難しい立証
無罪の可能性高い
読む


・百万人署名運動全国通信 2010年8月1日号
裁判員制度にとどめを!全国一斉運動・仙台
スキッとする高山弁護士の話
読む


・河北新報 2010年7月4日号
裁判員制度の問題訴え
仙台で集会
読む


・百万人署名運動全国通信 2010年6月1日号
裁判員制度にとどめを!
5.18全国集会に1800人
読む


・週刊東洋経済 2010年5月22日号
裁判員制度開始1年 国民も検察も及び腰
候補者の52%が辞退
読む


・ニューリーダー 2010年4月号
矛盾噴出するインスタント裁判
矛盾噴出するインスタント裁判 市民の8割以上が"出頭拒否"
読む


・岐阜新聞 2010年3月8日
名古屋ひき逃げ 同乗3人処分保留
危険運転致死容疑 立証には高い壁
読む


・ニューヨークタイムズ 2010年3月6日号
加速問題で孤立無援の日本のトヨタ車保有者
読む(英文)


・朝日新聞 2010年2月17日号
車と事故、自転車にも過失
福岡高裁 罰金30万円の判決
読む


・毎日新聞 2010年2月13日号
熱田ひき逃げ 同乗の2人再逮捕
立証、ハードル高く 専門家指摘
読む


・百万人署名運動全国通信 2010年2月1日号
裁判員制度廃止の展望が見えてきた
出頭拒否を拡大しよう
読む


・沖縄タイムス 2009年12月16日
「人権無視の制度」
廃止求め市民集会
読む


・愛媛新聞 2009年12月2日
検証 市民が裁く 裁判員裁判 えひめの現場
性犯罪や否認 どう審理
読む


・愛媛新聞 2009年11月30日
検証 市民が裁く 裁判員裁判 えひめの現場
証拠探し 弁護側に不利
読む


・朝日新聞 2009年11月13日
「裁判員制度廃止を」 市民団体が声明送る
最高裁や法務省に
読む


・愛媛新聞 2009年10月25日
始まる市民の法廷 裁判員裁判 えひめの現場
「守秘」の範囲あいまい
読む


・法律新聞 2009年10月16日号
「市民参加のショー」「迅速・重罰のお白州」
反対派が批判分析 「順調」報道と裏腹に
読む


・星野再審ニュース 2009年10月15日 第149号
松川事件の教訓 高山俊吉弁護士に聞く
法廷を包囲する人民の力で勝つ
読む


・法と民主主義 2009年8月・9月号
司法改革への私の提言
一人の拒否からみんなの拒否へ。みんなの拒否は制度の廃止
読む


・朝日新聞 2009年9月16日号
バイクに衝突→運転手ひかれて死亡 危険な自転車 責任は?
18日福岡地裁判決 違反増 厳しい目も
読む


・朝日新聞 2009年9月3日号
反対運動の人ら 制度廃止を訴え
市民参加の名を借りた動員。被害者、裁判員、皆がつらい思い。
読む


・毎日新聞 2009年9月2日号
「人権侵害の制度」
市民団体、廃止訴え
読む


・月刊社会民主 2009年9月号
斉藤貴男の批判精神(第28回)
ついに始まった問題だらけの裁判員制度
読む


・法と民主主義 2009年8月9日号
司法改革への私の直言
一人の拒否からみんなの拒否へ。 みんなの拒否は制度の廃止。
読む


・週刊女性 2009年8月25日号
全国初の裁判員裁判
「裁判員男性が胸中を激白! 『判決前日は酒を飲んで泣いた…』」
読む


・FRIDAY 2009年8月21・28日号
裁判員裁判スタート
「それでもあなたは、裁判員になりたいか」
読む


・月刊モーターサイクリスト 2009年8月号
特例ルールという名のバイクユーザーいじめ
二段階右折はどう曲がればいいのか?
読む


・讀賣新聞夕刊 2009年8月3日
 「反対」団体が声明

国は、国民を納得させる制度導入の理由を一切説明していない
読む

・朝日新聞夕刊 2009年8月3日 制度反対の団体 裁判所前でビラ
裁判員制度は、刑事裁判の原則から大きくかけ離れ違憲だ
読む

・百万人署名運動全国通信 2009年7月1日号
裁判員制度反対闘争は改憲・戦争阻止の闘い
"全国に運動拠点を"
読む


・毎日新聞 2009年6月17日
 「裁判員制度はいらない」文庫版の書評 伊藤真実さん

素人にも分かりやすく、なじみ易さもある。医師としても見逃せない問題。
読む

・週刊女性 2009年6月9日号 3分でわかる知っ得ワイド
裁判員制度第1号裁判はこの事件 でもいまだやまぬ「待った!」の声
読む

・福島民放 2009年6月8日号 裁判員制度の問題点など紹介
「裁判員制度と9条改憲」と題して高山講演
読む

・毎日新聞 2009年5月21日 期待と不安 各地で集会
「裁判員制度に納得しないという声を沿道に送ろう」
読む

・東京新聞 2009年5月21日 制度の廃止求め市民団体が声明
私の拒否からみんなの拒否へ
読む

・中日新聞 2009年5月18日 裁判員制度は改憲 反対弁護士が講演
中区・デモ行進も
読む

・讀賣新聞 2009年5月18日 裁判員制度反対訴え
名古屋で市民らデモ
読む

・朝日新聞 2009年5月18日 「裁判員制度反対」 高山弁護士が講演
名古屋、市民団体
読む

・産経新聞 2009年5月16日 両親の思い届く「厳罰」
結論ありきの判決
読む

・西日本新聞 2009年5月16日 飲酒事故・高裁判決 識者らに賛否
「気分で裁かれる危険」
読む

・毎日新聞 2009年5月16日 福岡3児死亡 識者「妥当」「不明確」
危険運転認定判決 裁判員控え両論
読む

・朝日新聞 2009年5月16日 3児死亡事故 懲役20年
危険運転 故意認める
読む

・日本経済新聞夕刊 2009年5月15日 危険運転致傷罪 裁判員、判断難しく
明確な基準なく
読む

週刊法律新聞 2009年5月15日号 緊急特別寄稿
裁判員制度は廃止以外ない
読む


讀賣新聞夕刊 2009年5月15日 
福岡三児死傷事故 高裁判決
結論ありきの印象
読む


週刊プレイボーイ 2009年5月11・18合併号 
オレたちのホンネ! 裁判員制度なんかやりたくねぇ!!
裁判員候補を襲う「身の危険」と「人生リスク」
読む


朝日新聞 2009年5月3日 オピニオン 耕論 「裁判員制度 不安を解消できるか」
国民の反発は「天の声」だ
読む


週刊プレイボーイ 2009年5月11・18合併号 裁く覚悟は、あるか?
裁判員制度施行1ヶ月前の4月21日、反対派の約1800人が、雨の銀座をデモ行進
読む


東京新聞 2009年4月28日 裁判員制はいらない
署名1万2000人分 市民団体が提出
読む


朝日新聞 2009年4月28日 裁判員反対1万人署名
制度廃止を求め請願書を衆参両院議長あてに提出
読む


月刊寺門興隆 2009年4月号 住職は裁判員に選ばれたら拒否すべきか受けるべきか
「宗教家よもっとノーと言って」
読む


ザッツ営業 2009年春季号 営業にかかわる法律知識
「車両運転」にまつわる法律原則と道路交通法の基礎のキソ
読む


百万人署名運動全国通信 2009年3月1日号 つぶせ裁判員制度 各地で集会やデモ
1月25日前橋市、2月14日水戸市にて高山講演
読む


・教区通信ふくおかvol.86 2009年1月25日号 裁判員制度を考える
「第2回 福岡教区時局問題対策協議会」公開講座
読む



・朝日新聞群馬版 2009年1月26日 集会で欠点訴え
「市民嫌がる裁判員制度は不要」
読む


・上毛新聞 2009年1月26日 裁判員制度の問題点を指摘
「高山弁護士 前橋で講演」
読む


・アサヒ芸能 2009年1月15日号 裁判員制度 徹底レポート そこが知りたい!
素朴な疑問30に答える!
読む


・サンデー毎日 2009年1月4・11日号 丑年の覚悟
最高裁長官と司法修習同期の弁護士が「大バトル」した箱根の宴会
読む


・東京新聞 2008年12月21日 免罪に苦悩負う
候補3人、廃止訴え会見
読む


・朝日新聞 2008年12月21日 「通知送り返した」
候補3人が抗議会見
読む


・産経新聞 2008年12月21日 候補者の男性ら実名で反対訴え
法違反承知で会見
読む


・讀賣新聞 2008年12月21日 裁判員制度反対 実名で会見
「裁判員裁判は裁判員にとっては苦役」
読む


・毎日新聞 2008年12月21日 3候補者が実名会見
制度反対の市民団体と 「素人審理意味ない」
読む


・夕刊フジ 2008年12月11日 あいりちゃん殺人事件」差し戻しで波紋
緻密な議論に向かない
読む


・AERA 2008年12月1日号 ひきずり「車下の恐怖」
被害にあった女性が本誌だけに語った
読む


・讀賣新聞 2008年11月28日 被告の権利侵害」 反対団体が声明
高山俊吉弁護士「各地で反対デモを行い、多くの国民が制度に疑問を持っていると感じた」
読む


・週刊金曜日 2008年11月28日号 裁判員制度に反対する集会が東京都内で
蛭子能収さん、元教員、放送局パーソナリティ、町内会長などが発言
読む


・週刊東洋経済 2008年11月28日号 日本にオバマ氏が出ない理由
設計ミスの司法改革 弁護士"大増産"計画
読む


・産経新聞 2008年11月18日 後絶たぬ悪質運転
法整備や臭気感知システムを
読む


・朝日新聞 2008年11月17日 大阪ひき逃げ 容疑者、6月も酒気帯び
逃走動機 飲酒が最多
読む


・朝日新聞 2008年11月13日 ひき逃げ 何故助けぬ
飲酒運転ばれる・怖くなった…動機供述
読む


・毎日新聞 2008年10月31日 福岡3児死亡 同乗者ら不起訴相当
検察審議決「泥酔し犯意ない」 厳罰化の流れに乗らず
読む


・小倉タイムス 2008年10月1日号 裁判員候補者決まる
選挙人名簿から選抜 宝くじより確率高く
読む


・百万人署名運動全国通信 2008年10月1日号 裁判員制度はつぶせる
これは改憲阻止闘争!11月下旬全国一斉行動へ
読む


・フライデー 2008年9月19日号 徹底研究「裁判員制度」知らないと危ないッ!"問題だらけ"の実態
「指名されたらどうすればいいのか?」「"辞退"できるのか!?」―緊急検証してみた
読む


・朝日新聞福岡版 2008年9月19日 裁判員制度 まず理解を
弁護士会27日シンポ/反対派あす集会
読む


・月刊宝島 2008年10月号 次の選挙「落としたい議員はコイツだ!」(裁判員制度)
裁判員制度に賛成した全議員、とりわけ弁護士議員!
読む


・サンデー毎日 2008年9月7日号 「裁判員制度」延期の全シナリオ このままでは第二の「後期高齢」になる!
延期か廃止か、論争の政局へ。
読む


・東京新聞 2008年8月12日 「裁判員廃止を」声明
「裁判員制度はいらない! 大運動」が社・共の延期転換を受け、あらためて廃止を訴える。
読む


・讀賣新聞 2008年8月8日 裁判員制、野党に慎重論 国民の参加意識低く
社民党、共産党が延期論を発表。民主鳩山幹事長も「しばらく凍結など」と。
読む


・週刊朝日 2008年8月1日号 「若き息子・娘を失った老遺族の提訴から11年、無慈悲な最高裁判決」
盛岡パトカー追跡巻き添え訴訟でジャーナリスト黒木昭雄氏の取材を受ける。
読む


・エルネオス 2008年7月号 本木昌彦のメディアを考える旅
全政党・新聞が揃って推進する裁判員制度は権力翼賛システム。
読む


・週刊プレイボーイ 2008年6月30日 鈴木宗男の【司法改革宣言!】
第1回ゲスト 高山俊吉(弁護士)「裁判員制度は、裁判所が『自堕落国民を教育する』ために導入するものです」

読む


・信濃毎日新聞 2008年5月11日 裁判員制度考える集会を松本で開催
廃止運動の弁護士招き
読む


・産経新聞 2008年5月4日 あなたが裁く裁判員制度(1)
「やりかたベストなのか」消えぬ戸惑い。
読む


・讀賣新聞 2008年2月9日 日弁連新会長に宮崎氏
「増員反対」高山氏得票伸ばす。
読む


・讀賣新聞 2008年2月5日 司法試験 2年後「3000人合格」
弁護士急増で波紋 「見直しを」日弁連会長候補
読む


・産経新聞 2008年1月29日 日弁連会長選
司法制度改革に影響も 法曹人口拡大 大きな争点に。
読む


・朝日新聞 大阪版 2008年1月9日 日弁連会長選が熱い
「法曹3000人」「裁判員」争点。 高山氏 裁判員強制「現代の赤紙だ」
読む


・西日本新聞 2007年12月25日 裁判員制度 私はこうみる
弁護士高山俊吉さん 被告人が不利益を被る。
読む


・朝日新聞 東京版 2008年1月9日 日弁連 会長選 白熱
「合格者増」「裁判員」が争点。
市民の声受けてない改革 批判派高山俊吉氏
読む

・埼玉新聞 2007年12月9日
裁判員制度の問題指摘
さいたまで高山弁護士が講演する。
読む

・朝日新聞 2007年11月14日 東京・弁護士会館で反対集会
被告人の権利を侵害する裁判員制度。
読む


・東京新聞 2007年7月17日 裁判員法67条の「謎」
「過半数で判断」 割れる条文解釈。
読む

・東京新聞 2007年7月1日 「裁判員はプロの言いなり?」
2年後の司法の姿・・・反対派の憂いは。
読む

・朝日新聞 2007年6月29日 「制度反対へ団体始動」
「徴兵のようなもの」「自由がいい」 嵐山光三郎さんら、東京で集会を開く。
読む

・東京新聞 2007年6月1日「思想問う質問 違憲」「『公平裁判』好みの人!?」
判断材料に 「やりたくなくて」「死刑に反対も」 個人情報 守れるのか。
読む

・高知新聞 2007年5月23日 イメージ 裁判員制度「反対論」
「諸悪の根源」と批判 高山俊吉弁護士
読む

・中日新聞 2007年5月15日 裁判員制度「反対7割」の世論 無視?
「市民感覚 反映は無理」 制度に反対の高山俊吉弁護士
読む

・北海道新聞 2007年5月14日 時代の肖像「司法改革の流れに反対」
「裁判員は国民総動員」 高山俊吉弁護士。
読む

・四国新聞 2007年5月21日 イメージ 裁判員制度「反対論」
「諸悪の根元」と批判 弁護士ら人権侵害懸念。
読む


・熊本日日新聞 2007年5月19日 イメージ 裁判員制度「反対論」
「欠陥多く延期すべき」
読む

・もうひとつの世界へ 2007年4月号 「裁判員制度」をどう考えるか?
「裁判員制度を始めさせてはならない」高山俊吉
読む


・サンデー毎日 2007年3月3日号
裁判所がおかしい (1)
「裁判員制度はいらない」高山俊吉弁護士が警告 市民参加を"偽装"する司法官僚たち
読む


・裁判ウォッチング千葉機関紙・ふれあい2006年10月第46号
「裁判員制度はほんとうにいらない」か?(黒沢香氏)
読む
2007年1月第47号 「裁判員制度は本当にいらない」(高山俊吉)
読む

・毎日新聞 2007年4月1日
「闘論〜交通事故の厳罰化〜」
交通事故は基本的に過失犯罪なのに故意犯のように重く処罰するのはおかしい。
読む


・シグナル 2007年3月号
「罰則強化の風潮を検証する」
規制強化の流れとその影響、飲んだら動かぬ車の開発、安全施設などの対策、厳罰化の効果と飲酒運転対策。
読む


・「『裁判員制度はいらない』出版記念会報告集」 2006年11月10日
たくさんの皆さんのリレートークと大運動の提起
読む


・週刊読書人 2006年11月10日号
「裁判員制度はいらない」の書評 前田年昭氏
「『人を裁く』ことを強要する悪法・裁判員法に真っ向から闘いを挑む書」
民衆統治の先頭に司法と民衆自身を立たせる不条理を真っ向批判する警世の書。
読む

・朝日新聞 2006年10月15日
「裁判員制度はいらない」の書評 野口武彦氏
「正面から廃止求める『全否定』の書」
「人を裁いて死刑や懲役を言い渡すのはイヤだ」という庶民感覚には大義がある。

読む

・東京新聞 2006年10月1日
「議論なく国民総動員」
「裁判員制度はいらない」の著者の言。「治安維持重視」の流れの危険を指摘。
読む

・法律新聞 2006年9月1日号
「破滅的弁護士増と今こそ対決の時だ」
弁護士激増は弁護士と人権に対する悪らつな攻撃政策。心ある弁護士は今こそ立って対決する時。

読む

・青年法律家 2006年9月号
「裁判員制度はいらない」を書いて
青年法律家協会弁護士学者合同部会機関紙に『書後感』を書く。

読む

・週刊プレイボーイ 2006年7月3日号 
「警察の汚い手口を暴く」
駐禁取り締まりの民間委託がはじまってからの現場のトラブルを解説する。
読む


・朝日新聞 2006年6月28日 
駐禁取り締まり「安易な民力」導入見直せ
駐禁を民間に取り締まらせる方式は交通警察の不当な肥大化だ。
読む


・朝日新聞 2006年2月9日 
「日弁連会長選挙 司法改革で火花」
高山は「司法改革に一貫して反対し、裁判員制度も『憲法の定める被告人の刑事基本権を踏みにじる』と」。
読む


・マンスリー・ザ・セーフティジャパン 2005年8月10日 OPINION 高山俊吉弁護士
「注意しろ」「危険には近づくな」の押しつけ教育から内発的に注意するきっかけづくりの教育へ。
読む


・文藝春秋 2005年2月号 「豆を煮るにまめがらをたく」
裁判員制度は陪審制とは似ても似つかぬもの。
読む


・法律新聞 2006年1月6日号 
問題提起「裁判員制度で本当にいいのか」
あり得ぬ陪審発展、司法へ国民総動員、戦争国家の車軸に。
読む

・日本海新聞 2005年11月12日 日弁連人権擁護大会の報道
「立憲主義の堅持と日本国憲法の基本原理の尊重を求める宣言」 憲法9条2項を巡って大会は紛糾した。
読む

・週刊プレイボーイ 「悪の駐禁民営化に勝つ最後の裏ワザはコレだ!」
駐車監視員制度と放置違反金制度はおかしい。
読む

・毎日新聞 2005年8月6日 「自賠責の査定」
ほとんどのケースで交渉時より賠償額が跳ね上がる。同じ1級後遺障害でも、保険会社との交渉段階では1100万円の慰謝料しか示さないのに、裁判所は2800万円前後を示したりする。
読む

・東京弁護士会LIBRA Vol.5(2005年1月号) 「バイク事始めのころ」
40歳を少し過ぎたころからバイクにはまった。鑑定人を追及しながら、自らの付け焼き刃知識に、これではいかんと一発発起して免許を取ったのがきっかけだった。
読む

・日刊わかやま新報 2003年1月17日 交通安全教育講演会
大成高で 高山弁護士迎え
読む

・朝日新聞 2000年6月7日 「交通違反もみ消し事件の背景」
交通違反もみ消し事件の背景には、取り締まる側も取り締まれる側も、その有用性を信じていないという問題がある。
読む

・浅井法律事務所所報「愛法」1999年1月1日 「交通事故と私」
第1次交通戦争時代に、タクシードライバーの刑事弁護を経験した私の駆け出し体験。
読む


・毎日新聞 1993年5月21日 「保険会社相場と裁判所相場」
交通事故の損害賠償額には、保険会社相場と裁判所相場がある。それはおかしい。
読む

・日本経済新聞 1990年2月25日 司法試験改革は必要か
現状、異常ではない
読む

 
ページ上部に移動する
Copyright (C) 2011 Takahama law office. All Rights Reserved.