交通事故時の補償解決実績、および著書、講演実績多数 交通事故の弁護士と言えば高山法律事務所

交通事故時の補償解決実績、および著書、講演実績多数 交通事故の弁護士と言えば高山法律事務所

高山法律事務所 takayama law office

  • 小
  • 中
  • 大

事故の補償請求は弁護士に頼もう

交通事故の弁護士と言えば高山法律事務所 TOPページ > 交通事故 > 事故の補償請求は弁護士に頼もう

事故の補償請求は弁護士に頼もう

目 次

第1 弁護士に処理を依頼する

1.本人だけで進める交渉と弁護士による交渉

2.保険会社相場と裁判所相場

3.弁護士に頼むメリット

4.弁護士はどこで力を発揮するのか
・支払いの仕組み
・ここで金額が変わる

5.弁護士関与相場の登場

6.弁護士費用と依頼の得失
・弁護士費用の内訳
・弁護士費用の決め方
・事件処理と弁護士費用のイメージ
・私の場合は

 

第2 実例をみる

1.バイクで信号待ち停止中に後方から追突され、頚椎捻挫等の傷害を負ったスナック経営者のケース

2.バイク走行中に乗用車にぶつけられ、頸椎捻挫等の傷害を負ったの鍼灸師のケース

3.歩道佇立中に後退してきたタクシーにぶつけられ、発作性頭位めまい症になった会社役員の女性のケース

4.バイク運転中に右足を乗用車左前輪に轢かれ、右足関節内果骨折の傷害を負った看護師見習いのケース

5.信号機のない横断歩道を横断していて乗用車にはねられ、右足関節両踝骨折の傷害を負い、足首に疼痛等の後遺症を遺した保険外務員のケース

6.歩行中に乗用車に衝突され、脳障害などの後遺症を遺した主婦のケース

7.自転車走行中に後ろから大型ダンプに轢過され、死亡した短大生のケース

8.車道佇立中に乗用車にぶつけられ、左下肢膝上切断などの傷害を負った兼業の農業従事者のケース

9.まとめ

 

第3 依頼する際に念頭におくこと

1.経験が豊富かどうかは大きな問題ではない。

2.弁護士の辛口の言葉には重みがある。

3.有利・不利な事情にこだわる。

4.いとわず訴訟に持ち込もう。

5.弁護士費用をきちんと確認する。

 

第4 むすびに

法律相談・お問合せ

▲ページ上部に戻る