高山法律事務所(弁護士高山俊吉)のサイトです
高山俊吉WEBSITE
 トップページ >交通事故は発生直後に万全の対応を > 被害を与えたとき> 警察の捜査
高山俊吉
プロフィール
高山俊吉の考え
高山法律事務所紹介
プレスクリップ
交通事故は発生直後に万全の対応を
被害を与えた立場
「責任をとる」とは
.実況見分からはじまる
事実調査と資料収集
警察の調査
検察の調査
被害者と向き合う
よい弁護士を探す
弁護士とよい関係を作る事故の補償請求は弁護士に頼もう
行政処分には適切・有効に対処しよう
法律相談・お問い合わせ
関連リンク集
インターネットラジオ
個人情報の取り扱いについて



4.警察の捜査

 

事情聴取
 事故後の実況見分に引き続いて行われるのが事情聴取です。普通、現場の実況見分の後、所轄警察署の警察官に同行を求められ、署内の調べ室で行われます。あなた自身も怪我をしている場合には、日にちを変えて行うことになります。被害者や目撃者などの関係者から聞き取りも行われます。警察官は、実況見分の際に書き込んだ手書きメモなどを前に置いて実情を聞き、その場で調書を作成します。調書は読み聞かされ、印鑑や指印を押させられます。これが、警察官によって作成された供述調書として、あなたの刑事責任の有無や程度を判定する資料になります。また、後日、あなたの民事責任を判定する資料として利用されることもあります。その対応を間違うと後々大きな困難に突き当たります。注意を払いながら対応しましょう。


経験したことだけ言う
 警察官は、事故状況などについて、事実はこうだったはずだと決めつけることがあります。素人は黙っていろと言わんばかりの警察官もいます。確かに、こちらは「事故のプロ」ではありませんから、いかにも断定的に言われると、そういうものかなと思ってしまいがちです。違うと言ったり、よくわからないなどと言うと、怒り出す警察官もいます。考えていることやよく分からないことは、なるべく抑えないで言うようにしましょう。

 ぼんやり対応していると、すべて警察官の想定で書き上げられかねません。勝手に書かないでほしいと言うと、「さきほどは…と言いましたが、実は…です。」などと、あたかも自身が一旦はそのように言ったかのような「訂正記述」に整理されたりもします。はじめから間違いを書かせないように謹聴して対峙したいものです

 

<「3.事実調査と資料収集」へ戻る | 「5.検察の調査」へ進む>

 

 
ページ上部に移動する
Copyright (C) 2011 Takahama law office. All Rights Reserved.