高山法律事務所(弁護士高山俊吉)のサイトです
高山俊吉WEBSITE
 トップページ > 交通事故は発生直後に万全の対応を> 被害を受けたとき > 依頼弁護士とよい関係を作る作る
高山俊吉
プロフィール
高山俊吉の考え
高山法律事務所紹介
プレスクリップ
交通事故は発生直後に万全の対応を
被害を受けた立場
「責任をとらせる」とは
警察の実況見分と事情聴取
事実を調べて記録に残す
捜査情報の入手
検察の捜査
相手方の損害と確定
.損害の保険会社相場
あなたの過失は
弁護士への相談と依頼
弁護士とよい関係を作る事故の補償請求は弁護士に頼もう
行政処分には適切・有効に対処しよう
法律相談・お問い合わせ
関連リンク集
インターネットラジオ
個人情報の取り扱いについて



10.弁護士とよい関係を作る

 

 弁護士の仕事は、あなたが被った被害について、加害者側の責任を追及するのが基本の仕事です。

 お医者さんは、あなたの病気を治そうと闘います。しかし、皆さんはそのお医者さんにすべてを任せっきりでいるのかと言えば、そんなことはありません。あなたはあなたなりにご自身の身体の状態を看護師さんやお医者さんに訴え、精一杯病気と闘っているでしょう。お医者さんとあなたが共同して病気と闘っているときには、お医者さんと患者さんの間に「よい関係」が築けているということになります。

 弁護士と皆さんの関係もこれに似ています。あなたと弁護士がお互いに意思疎通を密にし、今課題になっていることを理解し合えていれば、それは「よい関係」が築けているということです。

 これまでいろいろご紹介してきたことは、その意思疎通と理解をより確かなものにするために、あなたができることを助言し、基礎的な知識を提供することでした。これらを正しく実践すれば、あなたと弁護士の関係は確実によりよいものになります。

 情報過多になる必要はまったくありませんが、事故に関する情報を丁寧に集め、ご自身が持つ情報を余さず弁護士に伝え、日々お気持ちをととのえるようおすすめします。
 よい結論を獲得されることを心から祈ります。


<「9.弁護士への相談と依頼」へ戻る扉ページに戻る>

 

 
ページ上部に移動する
Copyright (C) 2011 Takahama law office. All Rights Reserved.